アニホスブログ

院内セミナー

2月15日(土)院内セミナーを行います。

 

「うちの子どんな子?」

お家で共に暮らしているワンちゃんについてもっと知りたいこと感じたいことはありませんか?

近頃ではワンちゃんの性格は科学的に分析できてしまうそうです。

麻布大学・獣医学教授である、菊水先生をお招きして科学に基づいた愛犬と家族の互恵的関係についてご講演していただきます。

 

開催日時 2020年2月15日(土)18時~19時

開催場所 当院2階 待合室

定員   50名

ご予約はお電話またはスタッフにてよろしくお願い致します。

当セミナーはワンちゃんのセミナーとなっております。

セミナーにワンちゃん同伴はできません。セミナー中ワンちゃんのお預かりは行っております。

この記事のURL

新しいアトピー性皮膚炎の治療薬について

今回サイトポイントというわんちゃんのアトピー性の皮膚炎に対する新しいお薬を紹介させて頂きたいと思います。

 

従来、アトピー性皮膚炎は、ステロイド、免疫抑制剤、オクラシチニブ、抗ヒスタミン薬などいくつかのお薬によって治療されてきました。

 

今回紹介させていただくサイトポイントは抗体医薬(=分子標的薬)であり、痒みの原因のサイトカインの一種であるIL-31に限局的に作用し痒みを抑えます。

 

サイトポイントの特徴として

① 高い安全性

② 月に1回程度の注射で管理が可能

この2点が挙げられます。

 

以前使用されていた薬剤と比較して作用範囲が限定的ですので、適応となる症例が限られてしまう可能性がありますが、以前より投薬が難しいと悩まれていた患者様には使用しやすい薬剤になります。

アトピー性皮膚炎に悩まされている患者様にはこのような薬剤の使用で以前よりQOLが向上する可能性もありますので、気軽に獣医師までご相談ください。

 

獣医師 熊沢

この記事のURL

SHARP ペットケアモニターを使用してみて

皆さん、こんにちは!

2020年がスタートしましたね!!

本日は7日ということで、七草粥はもう食べましたか??今年1年も無病息災で過ごしたいですね!

 

さて、我が家に新しく迎えたネコトイレ「SHARP ペットケアモニター」について使用してみての経過をお話したいと思います!

トイレを取り入れた当初は、様子を伺いにはきていたものの、使用はしていませんでした。

ですが、このトイレを使ってくれることで日頃の排泄や体重の健康管理ができるため、できればこのトイレを使用してもらえるようになってほしい…

そこで、思い切って普段使用しているトイレ砂に変更してみることにしました!!

すると普段使用しているトイレ砂になってからは、ネコたちもトイレを使用してくれるようになりました!!

今では気に入って使用してくれていて、安心しました。

トイレ砂を変更してしまうことで尿量や体重のモニターがうまくできないのか心配しましたが、今の所きちんとモニターできています。

 

アニホスでもペットケアモニターを使用しています。

ホテルでお預かり中のネコちゃんでも使用しますが、始めは我が家のネコたちと同じようにネコ砂が違うと使用してくれませんでしたが、同じようにご持参していただいたお家のトイレ砂に変更したところ、使ってくれるようになっています。

トイレ砂が変わってもきちんと体重や排尿管理がきちんとモニターできるため導入しやすいですね。

皆さんもよかったらご参考になさってみてください。

 

トイレのシーンの写真はなかなかシャッターチャンスにありつけず・・・

関係ありませんが、お正月飾りと我が家のネコたちです♡朔は(白猫)おすわりしていると、鏡餅に似ています。笑 

動物看護師 保坂

この記事のURL

2020

あけましておめでとうございます。

 

アニホスのゆきちゃん・てんちゃんは看護師さんからおもちゃのお年玉をもらって楽しそうに遊んでいました!

毎日寒い日が続いていますね。

インフルエンザなども流行っていますので体調にお気をつけてください。

 

看護師 仲田

この記事のURL

猫ちゃんの歯磨き

猫ちゃんを飼っている皆様、デンタルケアをしていますか?

歯周病はありふれた病気になっており、口腔のレントゲン検査を行った猫147頭の72%で歯周病が認められたという報告まであります。

 

歯周病が進むと全身麻酔下での歯垢歯石除去(スケーリング)などが必要になってしまうため、ご自宅での日々のデンタルケアがとても大切です。

ご自宅で行えるデンタルケアとしては、ガーゼや歯ブラシを使用したブラッシングが効果的です。しかし、猫ちゃんに対してブラッシングを毎日行うことは難しく、慣れるまでは工夫が必要です。

 

ガーゼや指を使って徐々にデンタルケアに慣れてもらい、歯ブラシも許容してくれる猫ちゃんを目指しましょう!

現在、我が家の猫はガーゼを使ってブラッシングトレーニングを行っています。

 

アニホスでは外来での歯磨きおよび歯磨き指導を実施しております。お気軽にお申し付けください。

尚、顎骨骨折などのリスクが大きいため無麻酔での歯石除去は推奨されていません。デンタルケアで歯石の付着を防ぎましょう。

 

獣医師 高野

 

 

■参考資料

日本獣医学会HP「無麻酔下の歯石除去について」

https://www.jsvetsci.jp/10_Q&A/v20131004.html

 

2019 AAHA Dental Care Guidelines for Dogs and Cats

https://www.aaha.org/aaha-guidelines/dental-care/dental-care-home/

この記事のURL