小学生への授業

少し前になりますが、3月に小学6年生へ授業をしにいってきました。

職業教育の一環として機会を頂き、獣医師をはじめ看護師やトリマー、インフォメーションスタッフの仕事内容を紹介し、チーム医療の大切さやいのちについてお話をしてきました。
小学生に向けてお話をするということはとてもとても悩み、伝えたいこともあり過ぎて・・・笑
院内でも発表の練習をして当日へ準備をすすめました。
自分の卒業論文発表よりも緊張しました。笑

6年生ってどんな雰囲気なのかな?と緊張MAXで向かいましたが、こんにちは!今日はよろしくお願いします!と多くの子供たちが挨拶をしてくれ、緊張がほぐれていきました。ええこたちや~涙

さて授業開始!
獣医師の職域の広さからはじまり、私が日々奮闘している小動物臨床獣医師について話がすすんでいきました。
獣医師って本当にバラエティーに富んだ資格です。
ヒトの衛生管理、食肉管理から大動物医療、野生動物、動物園・・・。
なんとミツバチも獣医師の診察対象動物なんですよ~!(驚)

小動物に関しては、言葉が話せない家族の命を守るという責任の重さ、家族であるヒトの心のケアまで大切な役目を担っていることを伝えました。
獣医師だけでなく、看護師、トリマー、インフォメーションスタッフ。
みんなでそれぞれの技術を生かして協力し合う大切さも話しました。
授業の終わりに、全員から感想文を頂きまして全部読みました!

6年生らしい観点にもほっこりしつつ、自分の伝えたい内容が伝わってて嬉しかったです。なにより、動物をもっと愛情深くみつめていきたい・自分のペットをもっと大切にしようと思った、という声ももらえて、授業をやらせてもらってよかったなと感じました。
3人位、獣医師になりたいという生徒さんもいました。
私も動物病院の先生に憧れて、小学校2年生から獣医師になりたくてここまで歩いてこれています。
将来の獣医師や動物に関わる仕事を目指す生徒さんたちがでてくれたらなと思っています。

生徒さんたちへ話したことは、もちろん私達大人へも伝えたい内容です。
動物を大切にする。
話せない動物の気持ちを推し量り、ひいてはヒトの気持ちを大切にしてほしい。

最近も動物虐待や飼育放棄などの悲しい報道が多いです。
どうかもっと、動物も人も大切にする社会になっていってほしいです。

先日のアニホスで開催された譲渡会や小さないのちの展示展、殺処分ゼロに向けた募金活動など、アニホスでもこれからもヒトと動物が幸せに暮らしていけるように努力していきたいと思っています。

獣医師・鈴木裕子
この記事のURL

お耳のトラブル

こんにちは。
最近梅雨にも入りじめじめする日が増えてきましたね。
この時期に増えるのは、外耳炎や膿皮症などといった皮膚のトラブルです。
特に外耳炎は、放置しておくとかゆみが悪化するばかりでなく耳の中が狭くなったり、中にはひどくなりすぎて耳が硬くなる(骨化する)子もいます。
また、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどの皮膚病の初期症状として外耳炎が表れる場合もあるため繰り返し引き起こす場合は注意しなければいけません。
もちろんもともとの病気がなく外耳炎を繰り返す子も多いため、症状が悪化する前にご相談ください。
ちなみに綿棒でのお掃除は耳の周りを軽くふく程度であればよいのですが、耳の中まで入れてしまうと耳道の粘膜を傷つけ悪化する恐れがあるため注意しましょう。
耳のケアは様々な方法があり、わんちゃんねこちゃんたちの個人差もあるため最適な方法を一緒に考えていきましょう。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

獣医師 呉竹
この記事のURL

デンタル月間

こんにちは!

アニホスでは今月デンタル月間として歯の健康に関わるイベントを行っています。

人と同じで動物も歯の健康が気になりますよね。

しかし、歯みがきができない!口を触らせてくれない!

そんなお悩みをもった飼い主様も多いのではないでしょうか?

アニホスではお悩み別のデンタルグッズを紹介するために、タイプ別フローチャートを作成しました!

待合室には展示ブースがございます。気になる商品をみつけたらぜひ手にとってみてください。

そして、気軽にスタッフに歯のお悩みをご相談ください!

貝沢

この記事のURL

お地蔵様

こんにちは。

関東も梅雨に入りましたね。

お地蔵様もシトシト雨で悲しいかなと思いつつ見に行くと、そばに綺麗なお花がありました。

綺麗なお花がそばにあって、なんだか嬉しそうです。

置いてくださった方、ありがとうございます。

 

雨が続くと体調を崩しやすいので、皆さん気をつけてくださいね!

 

                                     受付 勝

この記事のURL

赤血球が多い病気

最近はじめじめとした気候が続き、私たち人間はもちろん、わんちゃん猫ちゃんにとっても過ごしにくい季節となってきましたね。今回のブログでも、また私の愛犬、暑さに弱いシベリアンハスキーのりゅうせいについてお話したいと思います!

 

結果からお話しますと、まだ1歳7ヶ月という若さなのですが、病気が判明しました。それもとても珍しい病気で、治らない病気であることがわかりました。

最近、少しだるそうでごはんをあまり食べない日々が続いていました。元々、食ムラがありおやつは喜んで食べていましたし、何より若いので病気なわけがないだろうと思っていました。

念のためフィラリアの検査をするときに、一緒に血液検査を行うと、異常値がありました。血液の中の赤血球の割合を示すPCVという値が80%程もありました。通常のわんちゃんですと、37~55%くらいの値です。逆にこの値が低いと皆さんもよく知っている“貧血”ということになります。りゅうせいは、逆に赤血球が異常に多い“多血症”であることが判明しました。

多血症は本当に珍しい病気で、起きても中齢以降でなることが多く、1歳7ヶ月という若齢で起こることは稀らしいです。赤血球が多すぎると、血栓ができたり、血液がドロドロすぎて酸素をうまく運べないなど、体に悪影響が出てくるので、定期的に“瀉血“といって、血を500CC程抜く治療が必要になります。

 

どうして、過剰に赤血球が作られてしまっているのか、その原因を探るため、血液、心臓、腎臓、肺などの様々な検査を行いました。が、何も異常はなし。最後に考えられるのが、骨髄の病気ということで、麻酔をかけて骨髄穿刺を行いました。今はその検査の結果待ちです。結果次第では、内服で抗癌剤を使用することになるかもしれません。

 

どうしてこんなに若いのに、病気になってしまったのだろうかと、落ち込みました。でも、看護師としてできることがきっとある、我が家に来てよかったのかもしれないと今は考えております。病気と向き合い、うまく病気と付き合っていき、少しでもりゅうせいが長く楽しく生きていけるようにたくさん愛情を注いでいきたいと思っております!皆様も大切なご家族の様子が少しでもおかしいなと思うことがありましたら、若くても定期的に健康診断をすることをおすすめします。

 

珍しい病気なので、不安はありますが、今はとても元気に暮らしていますので、また次のブログでは元気な姿をお見せできればと思います!定期的にアニホスに治療に来るので、もしお会いしたら仲良くしてください^^

 

看護師 君島 亜里沙

この記事のURL